宮沢賢治の次の作品のうち、生前に刊行されていた数少ない作品の一つはどれ?